知らない小道を登ったり下りたり

8時台、自家用車に乗って、相模湾沿いの国道134号線を東へと走る。今日はいつもの休日よりもはるかに車の数が多く、例によって葉山の辺りまで行こうと思っていたのだが、途中でやめにする。稲村ヶ崎駅近くのコインパーキングに停めて、さて海を見に行こうと…

昨日、NHKテレビで「圡楽(どらく)さんの日々~伊賀陶工に宿る土・食・花」という番組を見た。圡楽窯の福森雅武さんが話すことがときどきとてもこころに沁みる。「(土を練るとき)できるだけ早く、なるべく触らない。触ると人間の業が移る。とにかく捨てて…

神保町から丸の内

休日にプライベートの用事で公共交通機関を使って都内に出る。緊急事態宣言発令後初めての行動。密にならないように、小田急ロマンスカーやJRのグリーン車も使い、可能な移動は極力徒歩を選択。帰路、外出目的の神保町から東京駅まで歩いている途中に丸の内…

立石海岸

昨日同様に1970年代の55mmF1.2のレンズをカメラに装着し、あえてそういうレンズを使うからにはこれはもうF1.2を多用しようと思う。F1.2にすると、高速シャッターを使い切っても露出オーバーになってしまうことが多いので、今日は昨日と違ってちゃんとNDフ…

真名瀬のバス停

葉山の真名瀬のバス停留所はなにかのCMのロケ地にもなったこともある。このブログにも何度かここの写真を載せてますね。白い真四角(に近い)建屋が「かわいらしい」し、今日は見えないけれど、この窓の向こうには空気が澄んでいると富士山も見える。この窓…

公衆電話

公衆電話は少なくなって、それでもまったく見掛けなくなったわけではないが、それを使って電話を掛けている人を見ることは全くなくなった気がします。ライフラインとして、災害等の緊急時まで想定したときに、ある程度残っていなければいけないといった必要…

理髪店

ひとつ仕事の山場を越えたので少しほっとした夜。

朝が来る

朝、出勤のために5時台に車を運転している。いまはちょうど空が明るくなってくる時刻に当たっている。6時半から7時のあいだに仕事をはじめて、その後に会議予定がなければ、16時頃に仕事を切り上げて会社を出る。すると今度は西日が眩しい時刻になっている。…

公園

たしか梅園があったなと思い、横浜根岸の森林公園に行ってみる。梅は満開の木と咲きかけの木と、まだまだ蕾の木と。この場所は明治の頃だろうか、競馬場だったそうだ。競馬場のスタンド席のある建物、ここには写っていない(もっと左)けれど近代建築遺産と…

昼下がりの大磯

急ぎの仕事を片付けるべく、土曜日だけれど、朝からずっと自宅で仕事をする。昼下がり、自家用車で大磯町の港まで行き、一時間ほど写真を撮りながら散策した。帰宅してからまた仕事を続ける。夜の9時少し前にやっと予定していたところまで進んだので、そこで…

春一番

春一番が吹いた。例年よりだいぶ早いらしい。そこで、テレワークの業後に、いつものウォーキングではなく、自家用車で相模湾が広く見渡せる平塚市と大磯町のあいだあたりにある丘陵のてっぺんの公園、通称「湘南平」まで登ってみる。暖かいのだと思っていた…

川沿いの道

今日も近所を歩く。近所でも新しい発見がたくさんあるじゃん!と思うことも、もうない。コロナ禍になり、テレワークになり、就業後に歩きはじめた当初は、たくさんあるじゃん!と思っていた。最近はちょっと飽きてしまっている。体を動かさないと健康に悪い…

真昼に

いつも夜に歩くことが多い、自宅から北方面への散歩コースを今日は正午頃に歩いてみる。暗いときに感じることと明るいときに感じることはもちろん違うだろう。暗いときに撮りたくなる場所と、明るいときに撮りたくなる場所は違うだろう。違って当たり前だと…

初春とは

午後、下着の綿シャツの上にネルのBDシャツを、さらにウールの茶色いカーディガンを着てから、今日は暖かいからと、いつものダウンジャンパーではなく黄土色のフリースの薄手のジャンパーを羽織り、散歩に出たが、そんなことは子供の頃から知っている筈なの…

静かな夜

朝の7:00前からテレワークを開始して、定時は15:30なのだが、今日は17:30から19:30まで海外とのテレビ会議があったので、仕事を終えるのが遅くなった。20:00過ぎにカメラをぶら下げて恒例の散歩。肩こりがだいぶ良くなったので、今日はフルサイズセンサ…

今日も日が暮れる

雨が上がったので日が落ちたあとに外に出るが、風に乗って雨が顔に当たることがある。スマホで雨雲検索をすると、あと10~15分経つ頃にひと雨通り過ぎる可能性がある。もし雨が降り始めたらすぐに家に帰れるようにと、家の周りを周遊するように道を選んでい…

揚げたてのチキンカツ

十年かもっと前、この写真の家のあたりには少年野球が出来るくらいの高いフェンスで囲まれた野球広場があったと思うが、毎日とは言わないものの月に一度か二度、その前を通っていたとしても、取り壊されてしまえば、もう不確かな記憶にすぎない。いや、もっ…

西日の時刻

1月2日のブログにも昭和10年代に撮られた叔父と叔母の子供の頃の写真を載せた。これも従姉妹から譲られた箱の中に入っていたセミ版のフイルム(一コマづつカットされている)にあった写真。雨が続いているので、午前のうちは、箱の中のネガをホワイトスク…

冬にしては暖かい夜だった

テレワークだと平日に仕事をしているときも、休日に読書や昼寝をしているときも、同じ自室にいるので、平日と休日のメリハリがなくなってしまうかと思いきやそうでもなくて、17:00頃に仕事を切り上げると、さぁこれで土日に休めるぞ、と、ほっとした。しか…

片隅の植物

日没前の西日が川沿いの散歩道と住宅地に降りていく細い小道のあいだにある植え込みの植物を強烈に照らしていた。こういう場所の植え込みの管理をしているのも茅ヶ崎市なんだろう、枯れた雑草が刈られた直後のようです。スポットライトを浴びているみたいで…

不意の電気機関車

ティルマンスの「コンコルド」という小ぶりの写真集を持っている。ときどきページをめくると大好きなコンコルドが「生活のなかで」ありふれた健在で空を横切ると、おっっと思って親しみと愛情を持ってあわててカメラを向けて写真を撮った。そんな風に撮りた…

鳥の影

上空低くゴイサギが旋回してから北の方へ飛んで行きました。200mm(相当)の望遠レンズのついてる小型単眼鏡カメラなるもので慌てて撮るがピントがぶれているので、こんな風にデータをいじってしまう。 テレワークは朝の7時から仕事を初めて午後4時前には…

川沿いの道

1月18日の夕刻の散歩のときに撮った写真は、帰宅してからPCに取り込んで眺めても、どのコマ(コマという言い方がすでにフイルム時代の名残かもしれない。もちろんフイルムではなくデジタルで撮ってます)もぱっとしない。そこでその日にはブログにも写真を…

地図みたい

一日中家にいる日曜日。新型コロナウイルス感染症を抑えようと二回目の緊急事態宣言に基づく行動指針が出されているが、今回は昨年の要請のときほど皆さんが要請に答えないようだ。 午前に再放送の「プロフェッショナル仕事の流儀石川佳純スペシャル」を観て…

なぜ撮るか

小学生の低学年の頃、叔母が住んでいた浦和市の田島団地の家で、夏休み、トランジスタラジオで高校野球の試合を夢中になって聞いていたことがあった。その試合が白熱した好ゲームで手に汗握るようなものだったのだろうか?試合の中身はなにも覚えていないけ…

夜を徹して

30歳の頃、故・森田芳光監督の「の・ようなもの」と言う映画が好きで、テレビの深夜番組で放送されたときに、VHSビデオテープに録画をしておいて、何度も何度も観た。若手落語家を描いた青春映画。この映画の中で主人公の若手落語家しん魚(しんとと)が女子…

近視眼では見えなかったオリオン

緊急事態宣言発令後、テレワークと自家用車での出勤の半々くらいの組み合わせになる。昨日と本日は自宅でテレワーク。すると一日の歩数が激減する。いつもは自家用車で出勤しているだけで5000歩、電車出勤なら8000歩。休日にウォーキングするときの目安は100…

デジタルカメラ

2000年代半ば、デジタルカメラが急拡大を始めたときに、よく、撮影後に画像処理を施すことの可否に関する議論があったが、あまり最近は聞かなくなった。上の写真は、JPEGのRGBデータをモノクロ変換(カラー情報破棄)してからふたたびRGBにしてから、ノイズ…

鳥除けの疑似鳥

鴉や雀にはけっこう効果ありそうですね。。風を受けて飛んでいるように動き回っているし、むかしながらの人の形の案山子よりよさげな気がする。でもじきに鳥たちには偽物だとばれてしまうのだろうか? 午前、こういう人のほとんどいない場所を歩いてくる、約…

無題

道路の向こうのバス停留所の背景に工事現場を仕切る白っぽい壁があって光っている。バス待ちの人のシルエットが浮かぶ。なんか、かっこいいじゃん、と思って撮っておいたが、手前にピントを取られてしまい肝心のバス停あたりはピンボケになっていた。でもな…